名刺を印刷するに当たって知っておきたいこと

名刺はビジネスシーンに必ず必要なツールであり、自己紹介の時、颯爽を差し出す事で効果的に相手にアピールする事が出来ます。営業の成果をアップさせるためには、とにかく顔と名前を覚えてもらう事が基本です。相手に差し出す事で、誰でも基本的なプロフィールを覚えてもらえます。連絡先、役職や所属、自分の簡単な自己紹介を明記しておけば、初対面の相手にも自分のプロフィールを瞬時に伝えられますし、商談が良い感じに運べたら、差し出した相手から、その情報を頼りにしたリアクションが得られます。電話番号やEメールアドレスは特に大事な情報です。相手はそれを頼りにして問い合わせをしてくれますので、一字一句間違ってはいけません。また裏面に自分独自の情報を明記してみるのもオススメです。

同じ作成するならデザインにこだわりたい

単にプロフィール欄に社名や所属などを明記すると、どこかビジネスライクな名刺になりがちです。それではせっかく作成を新しくする意義がありませんので、同じ新規作成するなら、自分流にアレンジしたデザインをしましょう。例えば、名刺の背景色を変えたり、フォントを個性的な物に変える等のアレンジ術があります。普通の物は白地に黒字ですが、背景色をピンクやゴールドやグラデーションのカラーに変更すれば、数多くの方々の中で目立つ事が出来ます。また背景色を黒字にして、文字を白地や黄色でデザインしてみるのもオススメです。濃いカラーの背景と薄いカラーのテキストが最高にマッチして、印刷された情報がくっきりと浮かび上がります。インパクト大のデザインになりますので、使い所は選ばなければいけませんが、一度渡せば、相手に強烈なイメージを与えられます。

フォントの種類やサイズにも個性を出したい

フォントのサイズや大きさにもこだわりたいところです。インパクトを求めるなら、筆文字や筆記体のようなフォントを使いましょう。フォントによって同じ情報でも受け手が取るイメージは変わります。ただインパクトを重視するあまり奇抜過ぎるフォントを使うことはやめましょう。ビジネスの場に、ポップ過ぎるフォントは逆効果になります。また和風のフォントや筆文字風のフォントも使いすぎは禁物です。ここぞという部分にのみ、変わったフォントは使わなければ、名刺が居酒屋のメニューのようなイメージになりますので、和風系デザインのものは使い過ぎない方が正解です。またフォントサイズはやや小さめにデザインした方が視認性は良くなります。あまり大きいサイズで印刷すると、文字がぎゅうぎゅう詰めになり、見た目が悪くなります。ただ、こちらも小さく印刷し過ぎるのは禁物で、視力の弱い方でも最低限、内容がひと目で分かる通りにしましょう。